サークルを探す

大阪大学災害ボランティアサークルすずらん

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

更新日:2013年05月21日

学校/団体
大阪大学 
ジャンル
その他 
人数
9人(男子6人/女子3人) 
代表者
坂田 
TEL
 
Mail
suzuran.ou@gmail.com 
関連URL
http://suzuran.jpn.org/index.html 
東日本大震災を機に結成されたサークルで、主に東日本大震災にかかる復興支援活動を行っています。 実際に被災地に行って多くの人と関わりあいながら、長期にわたる復興過程に寄り添う活動を行うのがすずらんの特徴です。

インタビュー

サークルの特徴は?どんな活動を行っていますか?
すずらんは、2011年3月11日の東日本大震災を機に結成されたサークルで、主に東日本大震災にかかる復興支援活動を行っています。
現在は参加者を募り、実際に被災地(岩手県野田村)に行って活動を行う野田村支援プロジェクト、非被災地である関西の人々に被災地の状況を伝え、今回の震災を自分たちの問題として認識してもらうために、学内での報告、意見交換会や、関西圏の市民フォーラム等において情報発信をする関西後方支援プロジェクトの2つのプロジェクトを柱としています。
実際に被災地に行って多くの人と関わりあいながら、長期にわたる復興過程に寄り添う活動を行うのがすずらんの特徴です。
主な活動場所はどこですか?
岩手県九戸郡野田村、関西では大阪大学にて週1度のミーティングを行っています。
なぜこのサークルを選んだのですか?
高校時代の同級生に誘われました。
以前は東日本大震災に対して他人事のような思いを抱いていた私にとって、すずらんのような「なんとかしたい」という思いがある人の集団は非常に刺激的で、すずらんに入ってからの私の人生は大きく変わったように思えます。
サークルに入るとこんなメリットがあるというポイントは?
様々な人との出会いがあります。
すずらんは現地で、関西学院大学、京都大学、八戸高専や弘前大学や現地で活動をするNPOと協力して活動を行っています。
その中で、野田村の方々との出会いはもちろん、関西、大学生という枠組みを超えた人々との出会いがあるという点は非常に魅力的です。
ここだけは他のサークルに負けない!と思うポイントは?
被災地とのつながりです。
すずらんは団体の運営にあたって「長期に継続した地域密着、被災者中心の支援」というテーマを掲げおり、実際に代表の塩田は1年間野田村に住み込んでいたり、その他のメンバーも多くは被災地に顔見知りの知り合いがいたりします。
サークルでの一番の思い出を教えて下さい!
野田村支援プロジェクトの一環として、被災地への観光ツアーバスを出した際に、現地の方々に大変喜んでいただくことができました。

実際に被災地の方々がそのツアーの様子をまとめた映像を編集してくださいました。


http://www.youtube.com/watch?v=oRs-aQYuLEI
一言でいうとどんなサークルですか?
一人一人が熱い思いを持ったサークルです!!!!
~最後にNAVIを見た人へメッセージをどうぞ!~

ボランティアに興味がある方、すずらん公式MLに登録していただければ、ボランティアバスの運行情報や関西での各種イベントの情報をお届けいたします!
登録はHPからどうぞ。

ホームページ
facebook
Twitter

すずらん運営スタッフも大募集中。大阪大学外の方もぜひ!!

 メール→suzuran.ou@gmail.com