サークルを探す

琉球大学 法政エイサー

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

更新日:2016年03月14日

学校/団体
琉球大学 法政エイサー 
ジャンル
文化 
人数
51人 
代表者
越後龍馬 
TEL
 
Mail
 
関連URL
https://www.facebook.com/housei.eisa/ 
『魅せる演舞』を目指す、琉球大学法政エイサー♪ 沖縄の古き良き伝統であるエイサーをステージで一緒に踊ってみませんか??

インタビュー

どのような活動をされていますか?
夏休みの最後に行われる琉大祭のステージに向けてエイサーを練習しています。

大太鼓、締め太鼓、女踊り、地謡それぞれの良さを
生かした魅せる演舞を目指しています。

メンバー皆仲が良くて、セカンドファミリー的存在で、楽しく活動しています。
活動頻度や活動場所は?
主に夏休みに活動していて、
場所は琉球大学の農場フィールドや、
雨の日は近くの施設を借りて屋内で練習しています。
どんなメンバーが揃っていますか?
1年〜4年まで毎年50〜60人程度で活動しています。

先輩は皆優しく、後輩は元気そのものです。

先ほど書いた通り、もう本当に家族のようなもので、
後輩ができて無口だった人が急によく喋り出すという事もあります(笑)
サークルに入ったきっかけは?
法政エイサーは歴史が長く、少なくとも90年代から活動しています。

「法政」の名前の由来である「法政学科」は
現在の琉球大学には無く、
1年生の時に初めて名前を聞いた時は
東京の「法政大学」と関係があるのかな?と勘違いしてしまいました(笑)
これまでの活動の中で、一番思い出に残っていることは?
挙げるとキリがないですが、本番の演舞が一番印象に残ってます。

日々の練習は楽しいことも辛いこともたくさんあって、
それを乗り越えての本番ですからね。

本番は楽しみながら踊り、観に来てくれた友人とも目を合わせてね。
「どうだ!!これが俺の夏休みだ!!」と胸を張れる。

憧れの先輩や共に練習を頑張った同期と一緒に踊る、
これが一番思い出に残っています。
活動を通して成長できる点は?
エイサーは、一見歌に合わせて踊るだけと思われがちですが、
テンポを合わせたり、踊る節数の増減のサインなどもあり、
それぞれのパートが一つにならないと良い演舞はつくれません。

エイサーを通して、チームワークや協調性の面で大きく成長できます。
サークルの魅力は?
法政エイサーは琉大祭のステージの頭と大トリをつとめており、
大トリの方の演舞が行われる時間帯は陽が落ちていて、
ステージがライトアップされます。

そしてたくさんの人が観ている中、自分たちが夏休みに
必死に練習した成果を発揮する。

この魅力は実際にステージに上がってみないとわかりません!!
Youtubeに学校祭での演舞の動画がアップロードされています!!

法政エイサー』で検索してみてください♪