Kyudai Walker

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

更新日:2014年08月04日

学校/団体
九州大学 
ジャンル
メディア 
人数
8人 
代表者
久保 裕貴 
TEL
 
Mail
hello@kyudaiwalker.com 
関連URL
https://twitter.com/kyudaiwalker 
Kyudai Walkerは九州大学の学生が作るフリーペーパーです!
新しい編集員募集中!!

インタビュー

どのような活動をされていますか?
Kyudai Walkerは、九大生が作る九大生のためのフリーペーパーです。2003年に学生によって創刊され、春・夏・冬の年3回発行しています。発行部数は毎号約4,000で、印刷費等は九州大学生協から出資していただいています。
キャッチフレーズの「出会いの数だけKyudai Walker」。初代編集長の「たった一度の出会いでも大学生活が大きく変わる。そんな出会いを広めたい」という想いにより創刊されたKyudai Walkerは、九大生に「出会い」「きっかけ」を提供することを目標としています。
活動頻度や活動場所は?
毎号締め切りの約2ヵ月前から打ち合わせをはじめます。週に一度、福岡市の主要なランドマークである大濠公園のカフェに集まり、記事の内容や取材の進行を確認します。編集員それぞれが独自に取材源を確保し、制作を進めていきます。
どんなメンバーが揃っていますか?
編集部は、学部1年生から博士課程在籍者、留学生、OBまで含む、とてもゴキゲンなひとたちによってゆるやかに構成されています。
サークルに入ったきっかけは?
【kAwAi】Kwを読んでいて「これ自分も作りたい!」って思った。
【tate】ページ作成に興味があったから。
【Takezoe】もともとデザインに興味があったため。
【Takebayashi】入学式前のイベントで九大ウォーカーを知りました。変わったことをやってみたくて、フリーペーパーを作るという所に興味を持ちました。
【Sakugawa】サークル紹介でおしゃれな雑誌を作ってる先輩方に憧れて入りました!
これまでの活動の中で、一番思い出に残っていることは?
【kAwAi】締め切り前の追い込み。
【tate】作成したページのデザインについて誉められたこと。
【Takezoe】初めてフリーペーパー内の人気企画、「気になるあの子!」の写真撮影を任されたとき。街中での撮影だったため通りすがりの人の視線も感じて、緊張&印象的でした。
【Takebayashi】入ったばかりでまだ思い出もあまりありませんが、自分が初めて作業に参加した雑誌の完成品を見た時は嬉しい気持ちになりました。
【Sakugawa】表紙の撮影のためにカフェに初同行した時が一番思い出に残っています。
活動を通して成長できる点は?
【kAwAi】コミュ力。
【tate】視野が広がる。
【Takezoe】人との接し方。初対面の人と話すことも多いので、人見知りが自然と克服できました。
【Takebayashi】「先輩たちと作るものだし、おおくの人が見るのだからいい加減なことはできない」と思って、責任感が身に着きつつあると思います。
【Sakugawa】人と話す能力、企画能力などが身に付いていきます!
サークルの魅力は?
【kAwAi】記事に載るような魅力的な九大生にたくさん出会える!
【tate】入ってみないと分からない( ̄∇ ̄)
【Takezoe】取材を通して、さまざまな人と接することができること。
【Takebayashi】自分の頑張りが多くの人に見てもらえるのは、大きな魅力だと思います。
【Sakugawa】やはりたくさんの先輩方と仲良くなれる事だと思います。自分が困った時に助けてくれる先輩方は本当に心強いです!
Webサイトもあります。
http://www.kyudaiwalker.com