高収入、日払いで稼げるチャットレディのアルバイトですが、報酬から税金が引かれている方はほとんどいないのが現状です。しかし、チャットレディとして収入を得ている場合でも、一定金額以上稼いでいる場合は納税の義務はあります。では、どのように税金を納めればよいのでしょうか。

チャットレディが支払うべき税金としては「所得税」と「住民税」があります。会社員として給与をもらっている場合など、どこかに所属して給与支給という雇用形態であれば、会社が予め毎月の給料から所得税等を天引きし、代わりに国に納める「源泉徴収」があります。一方、チャットレディの場合は個人事業主となり、源泉徴収がありません。チャットレディとしてお仕事して稼いだ分は、“自分で”税金を払う必要があります。税金を納めないと脱税になってしまって大変です。チャットレディは、自分で計算して手続きをする「確定申告」をして課税所得額を申告して所得税を納付しなければなりません。確定申告を行わない場合は、課税所得額が明らかにならないため、住民税も支払うことができません。そのため、無申告の状態だと、所得税と住民税どちらも納付しない脱税に該当してしまいます。脱税に該当してしまうと本来納めるべき税金額にさらに加えて、ペナルティ分の税額も加算された多額の税金を納めなければならなくなります。申告の意思があるなしに関わらず、期限を過ぎて申告した場合には本来納付すべき税額に15〜20%が加算される「無申告加算税」、期限内に納税されなかった場合に加算される「延滞税」です。また申告をせず悪質な所得隠しと判断された場合には「重加算税」も加わります。支払うべき税額が増えていってしまいます。さらに確定申告を行う必要があるのに申告をしなかった場合の故意に納税を免れる為だった場合には「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはその両方」が課されることになっています。 また故意でなかった場合でも「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」が課せられることがあります。そんなおそろしい事態を避けるためにも、必ず確定申告をして正しく税金を納めましょう。一見難しそうだし面倒くさいことではありますが、お給料をいただいている限り基本的な税金の知識は必須なので仕方ないですね。スタッフも親身になって相談に応じてくれますので、あまり難しく考えずにクリアしていきましょう。

確定申告とは、1年間に得た収入から必要経費を差し引いて所得額を算出し、基礎控除や所得控除を行って課税所得額を導き出す作業と、課税所得額に応じた所得税額を導き、納税をするまでの一連の作業です。所得税も住民税の所得割も、所得額に応じて金額が変わります。そのため、前年1月1日から12月31日までに得た所得を確定しなければなりません。チャットレディの確定申告では、お仕事をするうえで必要な衣装やグッズ代、交通費、仕事関係の方との打ち合わせを行った場合の飲食費を経費として扱うことができます。また、在宅で仕事をしている場合はお仕事で使用するパソコンやスマートフォンの通信費用、電気代などの光熱費、配信場所としての家賃なども経費として計上できる場合があります。ただし、経費として認められる内容については税務署によって判断が異なる場合がありますので確認が必要です。確定申告は、必要書類を作成して添付物を揃え、税務署に提出することで手続きをすることができます。最近ではWEB申請が推奨されています。経費の判断など、1人で書類を作成することに不安を感じる場合には、スタッフや税理士に相談することをおすすめします。自分では気が付かなかったような費用もチャットレディの経費として計上できる可能性もあります。そのためにも、普段から仕事のために購入した物品のレシートや領収書、通信費や光熱費の領収書などはまとめてしっかり保管しておくようにしましょう。1年分まとめて処理すると量が多くて大変なので、こまめに行っていく方が提出期限間際に焦らずに済みます。何が必要なのかわかっていれば、簡単に手続きできますので、安心です。

Pick Up

チャットレディで稼いだお給料の税金は?求人の応募前に確認

サムネイル

チャットレディ求人に応募して稼いだら扶養はどうなる?

サムネイル

チャットレディは源泉徴収されるの?求人では知れないコト

サムネイル

チャットレディ求人の応募後にかかるお金は経費にしよう

サムネイル

おすすめサイト

未経験の人も応募ができるチャットレディ求人が『ブライトグループ』です。高収入を稼いでみたい人におすすめできます。