サークルを探す

大阪大学環境サークルGECS

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

更新日:2013年05月17日

学校/団体
大阪大学 
ジャンル
ボランティア 
人数
72人 
代表者
寺谷 
TEL
 
Mail
 
関連URL
http://gecs.main.jp/ 
大阪大学の豊中キャンパスで活動する「大阪大学環境サークルGECS」。 GECSは環境問題に対して幅広い活動を続けており、昨年12月には第10回全国大学生環境活動コンテストで入賞をはたしました!! そんなGECSの代表である寺谷さんに、サークルでの思い出や、新入生への熱いメッセージ等たくさんお聞きしました。 また、新入生が企画運営する「1回生イベント」のサポーター役となる2回生のコアメンバーのミーティングにもお邪魔しました。 1回生イベントを企画運営するのは未来のGECSメンバーですが、そのサポートにまわる2回生はこの段階から動いているんですね。

インタビュー

サークルの特徴は?どんな活動を行っていますか?
大阪大学環境サークルGECSは今年が10年目の活動となります。
僕たちは「『学生』という立場から環境問題の改善に貢献する」という理念の基、7つの班に分かれて活動を行っています。
各班の活動内容について簡単にご紹介しますね。
まず、阪大にて販売しているリサイクル可能容器『ホッかる』のリサイクル促進のための活動を行っているのが「ホッかる班」。
そして壁面緑化を多くの人に知ってもらい、継続して育ててもらうことを目的とする「壁面緑化班」。
『まち(Machi)をきれい(Kirei)に』をモットーに、阪大周辺地域のごみ問題に取り組む「McK班」。
子供たちへの環境教育のため、環境学習プログラムを考え、行っている「環境教育班」。
『Reuse文化を阪大に定着させる』を目的に活動する「シェリー班」(Share & Reuse)。
大学生活での環境負荷を軽減する『エコキャンパス』に取り組む「CCC班」(Campus Climate Challenge)。
毎月ガレッジセールに参加し、Reuseを実践する「ロハス班」。
以上の7つの班にわかれて活動し、その他、学園祭や大阪府主催の環境イベントへのブース出展等、年間を通して様々な活動に取り組んでいます。

サークルの特徴といえるのは、それぞれの企画への妥協がないことでしょうか。
企画から実現までの間、何度も何度もミーティングを重ね、内容を練り、準備を重ねて実現に至ります。
本当に大変な仕事ではありますが、それがとても大切なことだと思っています。
主な活動場所はどこですか?
阪大には豊中・箕面・吹田と3つのキャンパスがあり、各班それぞれ活動しています。
週に一度の全体ミーティングは豊中キャンパス内にて行っているので、豊中キャンパス周辺での活動が多いかと思います。
McK班などは豊中キャンパス最寄である石橋駅周辺の商店街のごみ拾いを毎月行っています。
なぜこのサークルを選んだのですか?
GECSは新入生に向けて、豊中キャンパスをまわる「キャンパスツアー」、ブースにてサークルの紹介や説明を行う「サークルオリエンテーション」、新歓のお花見、そしてまた、5月から約2ヶ月かけて、1回生がイベントを企画運営する恒例の「1回生イベント」を行っています。
僕はもともと環境問題への興味は持っていなかったのですが、サークルの雰囲気が楽しそうで、その全てに参加したのがきっかけです。
特にひとつ上の先輩はとても個性的な方が多く、面白い面を持ちながらもミーティングでは広い視野を持って、鋭い指摘をされる姿に尊敬の念を頂きました。
「このサークルなら、学生生活を楽しく、そして成長しながら過ごせる。」そう感じて入部しました。
サークルに入るとこんなメリットがあるというポイントは?
成長出来るという事と、たくさんの出会いがあるという事ですね。
得られる成長はそれぞれだと思いますが、全員に共通しているのは、議論する力だと思います。
GECSは全体や各班でのミーティングが多いので、経験を重ねることが出来ますね。
出会いについては、72人の大所帯なのでたくさんの仲間に出会えますし、活動を通して全国の他大学の環境団体に出会うことが出来ます。
僕も全国にたくさんの知り合いが増え、色々と語りあうことも出来るようになりました。
また、人以外にも、自分がやりたい事に出会えることもありますね。
そんな様々な出会いの機会があるんですよ。
ここだけは他のサークルに負けない!と思うポイントは?
他のサークルに比べると、活動が多いところと、その活動を楽しく出来ていることです。
メンバーの人数もとても多いですが、その全員があぶれないくらいに年間を通して活動があります。
その活動も、自分がしたいと思った企画を実現することが出来たり、活動を通して、自分が抱いていた疑問が解決したり、イベントを終えて達成感を味わえたりと、たくさんの楽しみを一緒に感じることが出来るんです。
サークルでの一番の思い出を教えて下さい!
僕個人としては自分が1回生だった時の「1回生イベント」です。
この1回生イベントは毎年恒例となっていて、2回生がサポートにつきますが、基本的には1回生が企画から運営の全てを行います。
そのイベントでは、地域の方に参加してもらい、ごみ拾いを行うもので、その年によって様々なレクリエーションを盛り込んでいます。
入部してから約2ヶ月で、参加者に楽しんでもらうためのイベントを企画するのは本当に大変でした。
でも、皆で力を合わせてイベントを成功させ、参加者人数とごみの回収量が前年を上回ることが出来、達成感を味わうことが出来ました。
その後の打ち上げでは、サポーターの先輩からのサプライズもあり、本当に感動しました。

ぜひ、新入生にもこの達成感と感動を経験して欲しいです。
一言でいうとどんなサークルですか?
「選んで良かったと思えるサークル」です。
僕自身、入ってから2年が経ちますが、本当にそう思えるサークルなんです。
サークルは、学生生活の半分、もしくはそれ以上の時間を過ごす場ですよね。
僕はGECSに入ったことで、「選んで良かった」と思える仲間と、「選んで良かった」と思える活動をして過ごすことが出来ました。
これは、僕だけでなくメンバーの皆が感じていることだと思います。
去年、ひとつ上の先輩の引退合宿で、それまでの思い出を振り返りながら1人1人にメッセージを送っていたんですが、先輩も僕たちも大泣きしたんです。
そんな様子を見ても、皆「GECSで良かった」と思っているんだな、と感じました。
GECSは入ったことを後悔させないサークルです。
~最後にNAVIを見た人へメッセージをどうぞ!~

4月に入学される皆さん。
代表である僕の大きな仕事は、このサークルを成長させていくことです。

新歓の前にHPを見て僕たちの活動を知ってくれる方がいるかもしれません。
皆さんが僕たちを知ったその時から、新歓の時までに、僕たちGECSはきっと成長しています。
GECSは常に成長していくサークルです。
GECSに入って、絶対に後悔はさせません。

そんなGECSで一緒に活動したいと思ってくれる新入生を募集しています。

新歓時期にはキャンパスツアーや、オリエンテーション、お花見等を企画しています。
入部後の「1回生イベント」に向けて、サポーターである2回生も動き始めています。
ぜひ、参加してもらえたらと思います!!

大阪大学環境サークルGECSホームページ