スターウォーズはどれから観るべき?おすすめの順番を大公開!公開順?時系列順?

「昔からスターウォーズは気になっているけど、シリーズが多いから、正直手が出せていない…。

「シリーズが多すぎてどこから観れば、ちゃんと話を理解できるのかわからない…。

という人もいるはずです。

そこで、この記事ではスターウォーズをおすすめの順番をご紹介します。




目次

スターウォーズを観るおすすめの順番

結論から言うと、スターウォーズは作品の公開順で観るのがおすすめです。

まずは、スターウォーズの映画作品の公開順で紹介します。

1番
スターウォーズ エピソード4/ 新たなる希望
1977年公開
2番
スターウォーズ エピソード5/ 帝国の逆襲
1980年公開
3番
スターウォーズ エピソード6/ ジェダイの帰還
1983年公開
4番
スターウォーズ エピソード1/ ファントム・メナス
1999年公開
5番
スターウォーズ エピソード2/ クローンの攻撃
2002年公開
6番
スターウォーズ エピソード3/ シスの復讐
2005年公開
7番
スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒
2015年公開
8番
スターウォーズ エピソード8/ 最後のジェダイ
2017年公開
9番
スターウォーズ エピソード9/ スカイウォーカーの夜明け
2019年公開

では、次に公開順で観るのをおすすめする理由を紹介していきます。

公開順で観るのをおすすめする3つの理由

スターウォーズを公開順で観るのがおすすめな理由は、以下の通りです。

公開順で観るべき3つの理由
  • 「何故アナキンはダース・ベイダーとなったのか」が良くわかる
  • 旧三部作と新三部作における映像技術の差に観る気を失ってしまう
  • 細かい人物設定や用語がわからなくなる

スターウォーズを公開順で観ることで、「何故アナキンはダース・ベイダーとなったのか」や「どうしてダース・ベイダーがルークを助けたのか」が良くわかります。

【旧・新・続三部作とは?】

  • 旧三部作:エピソード4~6(1977~1983年)
  • 新三部作:エピソード1~3(1999~2005年)
  • 続三部作:エピソード7~9(2015~2019年)

また、先に2000年代の最先端の映像技術で制作された新三部作を観てしまうと、旧三部作との映像技術の差にガッカリする人が多いです。

さらに、新三部作は旧三部作を観た前提で話が進んでいくため、細かいスターウォーズの人物設定や用語の説明が省略されています。

そのため、スターウォーズのは公開順で観るのがおすすめです。




編集長の小話~なぜエピソード4から制作したのか?~

「スターウォーズ」初心者にとって、最大の疑問が「なんでスターウォーズをエピソード4から作ったの?」でしょう。

エピソード4から作った理由
  • 続編を作るほどのヒットを想定していなかった
  • 制作側の予算
  • CG技術
  • エンターテインメント性に欠ける

ちなみにですが、ルーク役のマーク・ハミルも当時、私たちと同じ質問をジョージ・ルーカスに投げかけています。

マーク・ハミルの疑問に対し、ジョージ・ルーカスは、スターウォーズをエピソード1から制作しようとすると

  • 話の内容が暗くなる
  • エンターテインメント性に欠ける

と回答したというエピソードがあります。

冒険映画としても完成度が高い「スターウォーズ/ 新たなる希望」から制作することによってシリーズ化が見込まれ、多くのスターウォーズファンを獲得できると判断したのです。

さらに「スターウォーズ/ 新たなる希望」が売れないと、以降の作品の制作自体が不可能だったこともあり、先にエピソード4から制作されています。

また、本来であれば「スターウォーズ/ ファントム・メナス」等のエピソード1~3を制作するところですが、当時の技術では再現不可能かつ膨大な予算が発生してしまうという裏事情がありました。

以上の理由から、エピソード4から制作したそうです。

スターウォーズの観る順番の違いによるメリット・デメリット

この記事では公開順で見るのをおすすめしていますが、「時系列順で見るのがおすすめ」という人もいます。

そこで、ここからは見る順番によるメリットとデメリットを紹介していきます。

公開順によるメリット・デメリット

公開順で見るメリット

  • スターウォーズ制作における歴史の推移を味わえる
  • 映像技術の進歩が分かる
  • 公開当時のリアルタイムのファンと同じ興奮や発見を味わえる
  • フォースやジェダイなどスターウォーズ用語がわかりやすい

スターウォーズ作品を公開順で見ることで、スターウォーズ用語を少しずつ知ることができます。

映像技術の進歩など、スターウォーズ制作に関する歴史の移り変わりがダイレクトに味わえるのも、公開順で見たことによるメリットです。

また、ダース・ベイダーの過去について知りたくなる等、公開当時のリアルタイムのファンと同じ目線でスターウォーズ作品を追うことができます

なので、スターウォーズの世界に入りやすくなります。

公開順で見るデメリット

  • スターウォーズの時系列を感じることができない
  • ダース・ベイダーなど帝国軍に対して感情移入しにくくなる

スターウォーズを公開順に観ると、エピソード6の後に過去回想となる新三部作(エピソード1~3)の話が入り込み、その後にエピソード6の後日談であるエピソード7の話がスタートします。

そのため、スターウォーズの世界における時系列を感じにくくなり、初めての人にとっては混乱を招いてしまうのが難点です。

時系列順によるメリット・デメリット

次は時系列で見たときのメリットとデメリットを紹介します。

時系列順で見るメリット

  • スターウォーズの話の全体像が掴みやすい
  • 主要キャラクターの成長や歴史を追えるので感情移入ができる

スターウォーズを時系列で観る最大のメリットは、話が前後しないためスターウォーズの話の全体像が公開順よりも把握しやすいところです。

また、登場する主要キャラクター達の成長の歴史を追えるため、ひとりひとりに感情移入しやすくなります。

時系列順によるデメリット

  • 肝心のスターウォーズ用語の説明がないので混乱しがち
  • エピソード3と4の間にある約30年分の映像技術の差にガッカリする
  • サプライズ感が薄まる

時系列順から見ると、旧三部作で触れられている用語説明が省略されています。

なので、スターウォーズを見るのに必要な前提知識が抜け、話を理解しづらいです。

また、CG技術を使った新三部作と特撮技術を使った旧三部作の映像クオリティの差にガッカリする人が多いです。

さらに、新三部作から見ると、スターウォーズシリーズ最大のサプライズを先に知ることとなりますので、旧三部作へ移ったときにサプライズ感が激減します。




スターウォーズの習熟度ごとのおすすめの見る順番

「スターウォーズ」シリーズは、本編の習熟度ごとに見る順番を変えると、世界観をより楽しむことができます。

ここからは、スターウォーズ初心者から玄人まで楽しめるよう、習熟度別に見る順番を分けて紹介します。

スターウォーズ初見のための順番

「スターウォーズ」に興味があって初めて観るという人は、「スター・ウォーズ」全体の世界観や用語、キャラクターの相関を把握する必要があります。

なので、スピンオフ作品は観ずに本編9作品のみを公開順に観るのがおすすめです。

【スターウォーズ初見のための順番】

1番
スターウォーズ エピソード4/ 新たなる希望
1977年公開
2番
スターウォーズ エピソード5/ 帝国の逆襲
1980年公開
3番
スターウォーズ エピソード6/ ジェダイの帰還
1983年公開
4番
スターウォーズ エピソード1/ ファントム・メナス
1999年公開
5番
スターウォーズ エピソード2/ クローンの攻撃
2002年公開
6番
スターウォーズ エピソード3/ シスの復讐
2005年公開
7番
スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒
2015年公開
8番
スターウォーズ エピソード8/ 最後のジェダイ
2017年公開
9番
スターウォーズ エピソード9/ スカイウォーカーの夜明け
2019年公開

スピンオフ映画や派生アニメ・実写ドラマ作品まで見るとすると、内容がわからず混乱してしまいます。

なので、まずは本編9作品を見た後にスピンオフ映画などを見るようにしましょう。

一度、スターウォーズシリーズを全部見た人のための順番

一度「スターウォーズ」の映画シリーズを全部見て、世界観、用語やキャラクターの関連性を把握している人は、スピンオフ映画作品やアニメ・実写ドラマを含めた時系列順での鑑賞がおすすめです。

なぜなら、スピンオフ映画やアニメ・実写ドラマでは、映画本編「スターウォーズ・サーガ」で語られることのなかった出来事や、メインキャラクターの背景、本編での裏側等を事細かに描いているからです。

【スターウォーズを全部見た人のための順番】

1番
スターウォーズ エピソード1/ ファントム・メナス
1999年公開
2番
スターウォーズ エピソード2/ クローンの攻撃
2002年公開
3番
スターウォーズ クローン対戦
2003年公開
4番
スターウォーズ エピソード3/ シスの復讐
2005年公開
5番
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
2018年公開
6番
スター・ウォーズ 反乱者たち
2014年公開
7番
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
2016年公開
8番
スターウォーズ エピソード4/ 新たなる希望
1977年公開
9番
スターウォーズ エピソード5/ 帝国の逆襲
1980年公開
10番
イウォーク・アドベンチャー
1984年公開
11番
エンドア/魔空の妖精
1985年公開
12番
スターウォーズ エピソード6/ ジェダイの帰還
1983年公開
13番
スター・ウォーズ レジスタンス
2018年公開
14番
マンダロリアン
2020年公開
15番
スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒
2015年公開
16番
スターウォーズ エピソード8/ 最後のジェダイ
2017年公開
17番
スターウォーズ エピソード9/ スカイウォーカーの夜明け
2019年公開

また、上記時系列とは一線を画すオリジナルのテレビアニメがYouTubeなどで配信・放送されています。

オリジナルのテレビアニメ
  • スター・ウォーズ ドロイドの大冒険
  • スターウォーズ ブリップス(Star Wars Blips)
  • スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー
  • スター・ウォーズ ギャラクシー・オブ・アドベンチャー
  • スター・ウォーズ ロール・アウト

さくっとスターウォーズを見たい人のための順番

「スターウォーズシリーズが多すぎる…。とにかく、さくっと見たい」

という時間がない人は、「スターウォーズ」の色んな基礎知識が説明されているエピソード4~6だけ観るのがおすすめです。

1番
スターウォーズ エピソード4/ 新たなる希望
1977年公開
2番
スターウォーズ エピソード5/ 帝国の逆襲
1980年公開
3番
スターウォーズ エピソード6/ ジェダイの帰還
1983年公開




ちなみにルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルは時系列派

観る順番を質問されたルーク・スカイウォーカーを演じた俳優マーク・ハミルは、回答時に思わず戸惑ってしったというエピソードがある「スターウォーズ」の観る順番問題。

「スターウォーズ」シリーズでマーク・ハミルは、2018年にアメリカのColliderのインタビューに対し、「スターウォーズ」作品を時系列順をおすすめしています。

と同時に、マーク・ハミルは最後に

  • 「観る順番は人それぞれ」
  • 「技術が進歩していることから時系列での鑑賞は若い世代には厳しい」

というコメントもしています。

スターウォーズのおさらい~本編、スピンオフ、アニメなどあらすじをまるっと時系列順で紹介~

「スターウォーズ」シリーズは2020年11月現在、以下のとおり作品が発表されています。

公開・配信済み作品
  • 「スカイウォーカー・サーガ」9作品
  • スピンオフ映画2作品
  • アニメ10作品
  • 実写ドラマ1作品
  • テレビ映画2作品

今後、キャラクターごとにスピンオフ映画や実写ドラマが制作予定があります。

シリーズの多さから、初心者にとって「スターウォーズ」はハードルの高い作品となっています。

本項目では、「スターウォーズ」シリーズのおさらいとして、本編やスピンオフ映画・アニメなど時系列順で各作品のあらすじをまるっと紹介します。

1番
スターウォーズエピソード1 ファントム・メナス
1999年公開
スターウォーズエピソード2 クローンの攻撃
2002年公開
3番
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
2008年公開
4番
スター・ウォーズ クローン大戦
2003年公開
5番
スターウォーズエピソード3/シスの復讐
2005年公開
6番
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
2018年公開
7番
スター・ウォーズ 反乱者たち
2014年公開
8番
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
2016年公開
9番
スターウォーズエピソード4/新たなる希望
1977年公開
10番
スターウォーズエピソード5/帝国の逆襲
1980年公開
11番
イウォーク・アドベンチャー
1984年公開
12番
エンドア/魔空の妖精
1985年公開
13番
イウォーク物語
1985年公開
14番
スターウォーズエピソード6/ジェダイの帰還
1983年公開
15番
スター・ウォーズ ドロイドの大冒険
1985年公開
16番
スター・ウォーズ レジスタンス
2018年公開
17番
マンダロリアン
2020年公開
18番
スターウォーズエピソード7/フォースの覚醒
2015年公開
19番
スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ
2017年公開
20番
スターウォーズエピソード9/スカイウォーカーの夜明け
2019年公開
21番
スターウォーズ ブリップス(Star Wars Blips)
2017年公開
22番
スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー
2017年公開
23番
スター・ウォーズ ギャラクシー・オブ・アドベンチャー
2018年公開
24番
スター・ウォーズ ロール・アウト
2019年公開

これから「スターウォーズ」を観ようと検討している場合は、参考にしてみてください。

スターウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

【あらすじ】

舞台は、銀河共和国の腐敗した政治と、元老院と呼ばれる政治家たちによる統治機関、全てが混乱した銀河系。

辺境の惑星群と通商連合による貿易関税を巡ったトラブルが勃発。

通商連合は、惑星ナブーの元首アミダラ(ナタリー・ポートマン)を乗せた船を始め、惑星ナブ―を見せしめに攻撃した。

紛争を辞めさせるため、元老院最高議長ヴァローラム(テレンス・スタンプ)は特使として、ジェダイの騎士であるクワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)と、その弟子(パダワン)オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)を派遣する。

しかし、アミダラが乗ってきた船は破壊され、一行は砂漠の惑星タトゥイーンへ不時着。

そこで出会った奴隷の少年アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)にジェダイの素質があることが判明する。

\エピソード1を無料で観る方法を確認する/

わずか3分で無料で観る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス
  • 制作:リック・マッカラム
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
  • 撮影:デヴィッド・タッターサル

【キャスト】

  • リーアム・ニーソン:クワイ=ガン・ジン
  • ユアン・マクレガー:オビ=ワン・ケノービ
  • ナタリー・ポートマン: パドメ・アミダラ
  • ジェイク・ロイド: アナキン・スカイウォーカー
  • イアン・マクダーミド:パルパティーン最高議長

【作品のポイント】

  • 共和国と通称連合の衝突
  • 秘密裏に動くフォースの暗黒面を操る”ダーク・サイド”と正体不明の暗黒卿
  • ジェダイの騎士クワイ=ガン・ジンと弟子(パダワン)のオビ=ワン・ケノービ
  • 奴隷のアナキン・スカイウォーカーとの出会い、ジェダイの素質を発見
  • 謎の刺客ダース・モールの妨害
  • 白熱のポッドレース
  • クワイ=ガン・ジンの死
  • アナキンやパドメ、オビ=ワンの活躍で共和国の勝利
  • アナキンがオビ=ワンのパダワンになり、ジェダイの修行に入る
  • 平和が訪れたかのように見えたが…?

「スターウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\エピソード1を無料で観る方法を確認する/

わずか3分で無料で観る方法を紹介

スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」から約10年後、数千以上の惑星が共和国の政治体制を見限った。

元ジェダイの騎士でヨーダの弟子だったドゥークー伯爵(クリストファー・リー)率いる新たな勢力「分離主義勢力」が誕生していく。

共和国の未来を重く見た元老院たちは、ジェダイだけでは銀河系の行く末をどうすることも出来ないとし、重要な会議を開いていた。

そこには、惑星ナブ―の元女王であるパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)も参加予定だったが、彼女は何者かに命を狙われていたのだ。

アミダラの護衛についたのは、オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)と成長したアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)だった。

\エピソード2を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス、ジョナサン・ヘイルズ
  • 制作:リック・マッカラム
  • 撮影:デヴィッド・タッターサル

【キャスト】

  • ユアン・マクレガー:オビ=ワン・ケノービ
  • ナタリー・ポートマン:パドメ・アミダラ
  • ヘイデン・クリステンセン:アナキン・スカイウォーカー
  • イアン・マクダーミド:パルパティーン最高議長
  • ペルニラ・アウグスト:シミ・スカイウォーカー
  • クリストファー・リー:ドゥークー伯爵

【作品のポイント】

  • エピソード1から約10年後
  • パルパティーンが元老院最高議長になる
  • オビ=ワンとアナキンがパドメの護衛
  • パドメが暗殺されそうになる
  • アナキンとパドメが禁断の恋に落ちる
  • アナキンが母親の悪夢に苛まれる
  • 母親が野盗タスケン・レイダーにさらわれ、命を落とす
  • 激高したアナキンがタスケン・レイダーたちを抹殺
  • ドロイド工場とクローンの存在が判明し、クローン戦争勃発
  • ジェダイたちとクローンの活躍でドロイド軍勢を破る
  • デス・スターの設計図がダース・シディアスの手に渡る
  • パドメとアナキンが密かに結婚

「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\エピソード2を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ クローン・ウォーズ

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」以降、ドロイド軍率いる分離主義勢力とジェダイの騎士を率いる共和国軍との戦争「クローン戦争」は激しさの一途を辿っていた。

ジェダイの騎士としてたくましく戦うアナキン・スカイウォーカーは、自らの弟子としてアソーカ・タノを取っていた。

アナキンとアソーカは、この戦争の行く末を握る任務に就くことになり…?

【スタッフ】

  • 原作:ジョージ・ルーカス
  • 総監督:デイブ・フィローニ
  • シリーズ構成:ヘンリー・ギルロイ
  • 音楽:ケビン・カイナー
  • アニメーション制作:ルーカスフィルム・アニメーション、ポリゴン・ピクチュアズ

【キャスト】

  • ジェームズ・アーノルド・テイラー(吹き替え:森川智之):オビ=ワン・ケノービ
  • キャサリン・テイバー(吹き替え:坂本真綾):パドメ・アミダラ
  • マット・ランター(吹き替え:浪川大輔):アナキン・スカイウォーカー
  • イアン・アバークロンビー→ティム・カリー(シーズン5以降)(吹き替え:稲垣隆史):パルパティーン最高議長/ ダース・シディアス
  • アシュリー・エクスタイン(吹き替え:伊藤静):アソーカ・タノ
  • コーリー・バートン (吹き替え:羽佐間道夫):ドゥークー伯爵

【作品のポイント】

  • 「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」から「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」の間の物語
  • クローン戦争が激化
  • アナキン・スカイウォーカーが弟子アソーカ・タノをとる
  • アナキンが戦争の光と闇を知り、クローンの存在意義を考える
  • 死んだはずのダース・モールが復活して登場し、犯罪組織を結成
  • 戦争は銀河を巻き込み、全員が疲弊
  • アソーカが罪を着せられ逮捕されたことがきっかけでアソーカがジェダイを去る
  • アナキンがパドメと疎遠になる
  • オビ=ワンがアナキンとパドメの関係に気づき始める
  • ダース・モールがマンダロリアンの街を占拠
  • ダース・シディアスからジェダイ抹殺指令「オーダー66」が発せられる

スター・ウォーズ クローン大戦

【あらすじ】

パルパティーン最高議長は、アナキン・スカイウォーカーを指揮官にすることをすすめる。

オビ=ワン・ケノービやヨーダに相談をするパルパティーンだが、オビ=ワンがアナキンに忠告する。

アナキンはその忠告に不満を覚えながらも、クローン対戦に身を投じていく。

【スタッフ】

  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 監督:ゲンディ・タルタコフスキー
  • 脚本:ブライアン・アンドリューズ、デリック・バックマン 他
  • アニメーション制作:カートゥーン ネットワーク・スタジオ、ルーカスフィルム
  • 制作:ゲンディ・タルタコフスキー

【キャスト】

  • マット・ルーカス(吹き替え:浪川大輔):アナキン・スカイウォーカー
  • ジェームズ・アーノルド・テイラー(吹き替え:森川智之):オビ=ワン・ケノービ
  • トム・ケイン(吹き替え:永井一郎):ヨーダ 
  • コーリー・バートン (吹き替え:羽佐間道夫):ドゥークー伯爵
  •  グレイ・デライル(吹き替え:坂本真綾):パドメ・アミダラ
  • ニック・ジェイムソン)(吹き替え:小林勝彦):パルパティーン最高議長/ ダース・シディアス

【作品のポイント】

  • 「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」の伏線
  • クローン戦争が各銀河で広がる
  • パルパティーン最高議長がアナキンを指揮官にすすめる
  • オビ=ワンの忠告にアナキンが不満になる
  • 未知の敵アサージとの戦い
  • アナキンがジェダイナイトの称号を得る
  • C-3POが金色に変わる
  • コルサントでパルパティーン最高議長が誘拐される

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」から約3年後が舞台。

パルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)が、惑星コルサントにやってきた独立星系連合軍に捕まる。

パルパティーン最高議長を救出しに向かったオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)だが、アナキンはドゥークー伯爵(クリストファー・リー)を倒し、勝利を掴む。

しかし、気を失ったオビ=ワンの知らないところで、さらわれたはずのパルパティーン最高議長はアナキンにドゥークー伯爵を殺害するように命じたのだ。

パルパティーンの様子がおかしいことに気が付きながらも、アナキンは言われるがままに実行する…。

\エピソード3を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス、ジョナサン・ヘイルズ
  • 制作:リック・マッカラム
  • 撮影:デヴィッド・タッターサル

【キャスト】

  • ユアン・マクレガー:オビ=ワン・ケノービ
  • ナタリー・ポートマン:パドメ・アミダラ
  • ヘイデン・クリステンセン:アナキン・スカイウォーカー
  • イアン・マクダーミド:パルパティーン最高議長
  • サミュエル・L・ジャクソン:メイス・ウィンドウ

【作品のポイント】

  • エピソード2から約3年後
  • パルパティーン最高議長がさらわれる
  • 救出したパルパティーン最高議長の様子がおかしい
  • パドメの妊娠発覚
  • 悪夢にさいなまれるアナキン
  • パルパティーンが黒幕のダース・シディアスと発覚
  • アナキンがダークサイドに引き込まれ、ダース・ベイダーに
  • パルパティーンが帝国軍皇帝を名乗る
  • オビ=ワンとアナキンの死闘、アナキンは四肢を失う
  • 瀕死のアナキンがダース・ベイダーの鎧をまといサイボーグ化
  • パドメが双子を出産し、死亡
  • 双子はタトゥイーンとオルデランに預けられる
  • 銀河帝国の独裁が始まる

「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\エピソード3を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

オビ=ワン・ケノービ スピンオフシリーズ(実写ドラマ)

【あらすじ】

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」と「スター・ウォーズ(エピソード4 新たなる希望)」の間の物語。

制作・撮影に進捗があり次第書き足していきます。

【スタッフ】

  • 演出:デボラ・チョウ

制作・撮影に進捗があり次第書き足していきます。

【キャスト】

  • ユアン・マクレガー:オビ=ワン・ケノービ

【作品のポイント】

制作・撮影に進捗があり次第書き足していきます。

ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー

【あらすじ】

舞台は惑星コレリア。

パイロットを夢見るハン(オールデン・エアエンライク)は、恋人のキーラ()を連れ出し自分たちに盗みをさせていたギャング集団と惑星コレリアからの脱出を計画。

ハンは脱出に成功したものの、キーラは追手につかまり離れ離れとなった。

3年の時が流れ、キーラを助けようと奮闘するハン。

ハンは生涯の相棒となるチューバッカ(ヨーナス・スオタモ)との出会う。

また、行方不明だったキーラとは犯罪集団のボスであるクリムゾン・ドーンのリーダー・ドライデン・ヴォス(ポール・ベタニー)の右腕となったキーラと再会し、ある計画を実行する。

\「ハン・ソロ」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ロン・ハワード
  • 脚本:ジョナサン・カスダン、ローレンス・カスダン
  • 原作・キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
  • 製作:キャスリーン・ケネディ、アリソン・シェアマー、サイモン・エマニュエル

【キャスト】

  • オールデン・エアエンライク:ハン・ソロ
  • ウディ・ハレルソン:ベケット
  • エミリア・クラーク:キーラ
  • ドナルド・グローヴァー:ランド・カルリジアン
  • タンディ・ニュートン:ヴァル
  • フィービー・ウォーラー=ブリッジ:L3-37
  • ヨーナス・スオタモ:チューバッカ
  • ポール・ベタニー:ドライデン・ヴォス

【作品のポイント】

  • ハンとキーラがギャング集団から逃亡し、ハンだけ逃げる事に成功
  • キーラを救うため帝国軍に兵役し、「ソロ」という苗字を与えられる
  • チューバッカと出会う
  • ベケットと共謀してハイパー燃料コアクシムを盗む
  • 盗賊団クラウド・ライダースによって仲間を失う
  • 犯罪集団のボスの右腕になったキーラと再会
  • ハンはランド・カルリジアンとミレニアム・ファルコン号をかけて賭けをする
  • 精製前のコアクシム強奪に成功するもエンフィスに追いつめられる
  • キーラの本当のボスはダース・モールだった
  • ハンとチューバッカはファルコン号で犯罪王がいる惑星タトゥイーンに向かう

「ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「ハン・ソロ」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ 反乱者たち

【あらすじ】

銀河帝国が成立してから十数年後。

砂漠の惑星ロザルに住むエズラ・ブリッジャーは、帝国の日に生まれた少年。

ひょんなことから帝国軍へ反乱する小規模チーム「ゴースト・チーム」と呼ばれる5人の反乱者たちと出会い、数々の惑星を巡りながら銀河を救う冒険へと旅立つ。

【スタッフ】

  • 原作:ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』、デイブ・フィローニ(原案)、サイモン・キンバーグ(原案)、キャリー・ベック(原案)
  • 総監督:デイブ・フィローニ
  • キャラクターデザイン:キリアン・プランケット
  • 音楽:ケビン・カイナー
  • アニメーション制作:ルーカスフィルム・アニメーション、CGCG Inc.
  • 制作:ルーカスフィルム

【キャスト】

  • テイラー・グレイ(吹き替え:野島健児):エズラ・ブリッジャー
  • フレディ・プリンゼ・ジュニア(吹き替え:白熊寛嗣):ケイナン・ジャラス
  • ヴァネッサ・マーシャル(吹き替え:宮島依里):ヘラ・シンドゥーラ
  • デイブ・フィローニ:チョッパー / C1-10P
  • スティーヴン・ブルーム(吹き替え:稲葉実):ガラゼブ・”ゼブ”・オレリオス
  • ティヤ・シルカー(吹き替え:田野アサミ):サビーヌ・レン
  • デヴィッド・オイェロウォ(吹き替え:丸山壮史)エージェント・カラス

【作品のポイント】

  • エズラが反乱軍分子「ゴースト・チーム」に出会う
  • 要所要所に登場する本編のキャラクター
  • 銀河帝国建国15周年祝典
  • フォースに導かれジェダイの騎士として修行するエズラ
  • ケイナンたちが民衆蜂起を画策
  • ケイナンが帝国軍に捕まる
  • ダース・ベイダーとキャプテン・レックスの登場
  • エズラがダース・ベイダーと直接対決
  • シーズン3でエズラとサビーヌが重要な任務を担う
  • アストロン襲撃をゴーストの反乱軍が撃退
  • エズラたちはサビーヌの父の救出に向かう

キャシアン・アンドー スピンオフシリーズ(実写ドラマ)

【あらすじ】

制作・撮影状況が分かり次第書き足していきます。

【スタッフ】

  • 監督:トニー・ギルロイ
  • クリエイター:スティーヴン・シフ
  • 脚本:トニー・ギルロイ
  • 製作:ルーカスフィルム、他

制作・撮影状況が分かり次第書き足していきます。

【キャスト】

  • ディエゴ・ルナ:キャシアン・アンド―
  • アラン・テュディック:K-2SO
  • ステラン・スカーシュゴード:役名未発表
  • カイル・ソーラー:役名未発表

制作・撮影状況が分かり次第書き足していきます。

【作品のポイント】

  • キャシアン・アンド―の幼少期が描かれる

制作・撮影状況が分かり次第書き足していきます。

ローグワン/スターウォーズ・ストーリー

【あらすじ】

舞台は帝国軍が最終兵器である初代「デス・スター」を完成させる直前。

反帝国軍の科学者ゲイレン・アーソ(マッツ・ミケルセン)が、秘密裏に帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図を帝国軍パイロットのボーディー・ルック(リズ・アーメッド)に秘密裏に託す。

一方、デス・スターの機密情報が外部に漏れたという情報を掴んだ反乱軍は、ゲイレンの娘ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)に接触を試みるが…?

\「ローグワン」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ギャレス・エドワーズ
  • 脚本:クリス・ワイツ、トニー・ギルロイ
  • 原案:ジョン・ノール、ゲイリー・ウィッタ
  • 原作・キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
  • 製作:キャスリーン・ケネディ

【キャスト】

  • フェリシティ・ジョーンズ:ジン・アーソ
  • ディエゴ・ルナ:キャシアン・アンド―
  • リズ・アーメッド:ボーディー・ルック 
  • ベン・メンデルソーン:オーソン・クレニック
  • ドニー・イェン:チアルート・イムウェ
  • チアン・ウェン:ベイズ・マルバス
  • フォレスト・ウィテカー:ソウ・ゲレラ
  • マッツ・ミケルセン:ゲイレン・アーソ
  • アラン・テュディック:K-2SO

【作品のポイント】

  • デス・スターの設計図が持ち出される
  • ゲイレンの娘ジンは偽名を使い無法者として囚われていた
  • ジンはK-2SOとキャシアンら反乱軍に救われソウの仲介を引き受ける
  • チアルートとベイス、ソウのアジトでボーディに出会う
  • ゲイレンが密かにデススターの構造に欠陥を加えていたことが発覚
  • ジェダ・シティがデス・スターにより破壊
  • ゲイレンがジンに再会するも死亡
  • 反乱軍の寄せ集め「ローグ・ワン」結成
  • 惑星スカリフでデス・スターの設計図をめぐるローグ・ワンと帝国軍の最終決戦
  • ローグ・ワン全滅と引き換えにデス・スターの設計図はレイア姫の手元へ

「ローグワン」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「ローグワン」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ/新たなる希望

【あらすじ】

ジェダイ騎士や旧銀河共和国は滅亡し、銀河帝国軍が台頭する時代。

反乱同盟軍が派遣したスパイが惑星を破壊する帝国軍の要塞「デス・スター」の設計図を密かに盗んだという情報が入る。

シスの暗黒卿は、自身の最高の部下ダース・ベイダー(デヴィッド・プラウズ(演)・ジェームズ・アール・ジョーンズ(声))に「デス・スター」設計図奪還と反乱軍の本拠地発見を命じた。

一方、惑星タトゥイーンではルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が漂着して捕獲されたドロイド2体を購入し、自宅である農場に連れて帰るが、ある秘密を抱えていた。

\「スターウォーズ エピソード4 新たなる希望」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス
  • 製作: ゲイリー・カーツ、リック・マッカラム(特別篇)
  • 撮影:ギルバート・テイラー

【キャスト】

  • マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
  • ハリソン・フォード:ハン・ソロ
  • キャリー・フィッシャー:レイア・オーガナ
  • アレック・ギネス:オビ=ワン・“ベン”・ケノービ
  • ピーター・カッシング:ターキン総督

【作品のポイント】

  • 反乱軍のレイア姫がR2-D2に何かを託す
  • R2はオビ=ワンを探して惑星タトゥイーンにやってくる
  • ルークが父の形見ライトセーバーを手にする
  • オビ=ワンがルークとともにハン・ソロとチューバッカを誘い戦いに身を投じる
  • ダース・ベイダーとオビ=ワンが対決
  • オビ=ワンが死亡
  • レイア姫に合流し反乱軍として戦うルーク達
  • デス・スターを破壊
  • 一応反乱軍が勝利

「スターウォーズ エピソード4 新たなる希望」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「スターウォーズ エピソード4 新たなる希望」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ/帝国の逆襲

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード4 新たなる希望」からおよそ3年後、惑星ホスに潜伏する反乱軍は、デス・スターを破壊した事によりダース・ベイダーから身を隠していた。

ダース・ベイダーが放つ隕石に擬態できるドロイドの調査の途中、ワンパに捕まったルークは、フォースの力を使い何とか難を逃れるも力尽きてしまう。

夢の中で霊体となったオビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)に導かれ、惑星ダゴバに行くことを決意するルークに、新たなる試練が待ち受ける。

\「スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:アーヴィン・カーシュナー
  • 脚本: リイ・ブラケット
  • ローレンス・カスダン
  • 原案 ジョージ・ルーカス
  • 製作: ゲイリー・カーツ、リック・マッカラム(特別篇)
  • 撮影: ピーター・サシツキー

【キャスト】

  • マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
  • ハリソン・フォード:ハン・ソロ
  • キャリー・フィッシャー:レイア・オーガナ
  • アンソニー・ダニエルズ:C-3PO
  • ビリー・ディー・ウィリアムズ:ランド・カルリジアン

【作品のポイント】

  • 反乱軍は撤退して雪の惑星に潜伏
  • アナキンが雪山で遭難
  • 反乱軍の基地がダース・ベイダーに見つかって一斉攻撃
  • ハン・ソロとレイアが恋に落ちる
  • ルークがジェダイマスターのヨーダに出会う
  • ハン・ソロが冷凍されて人質になる
  • ダース・ベイダーによってルークの右腕が切落される
  • ダース・ベイダーがルークの父と判明
  • ルークの生存を察知したレイアが救出に向かう
  • 帝国軍側の優勢で終了

「スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

イウォーク・アドベンチャー

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」の物語の後。

「森の月」と呼ばれる惑星エンドアにトワニー家のスタークルーザーが不時着し、両親と子どもたちは離れ離れに。

イウォーク族のディージは、トワニー家の子どもたちを住み家に案内。

一方、トワニー家の両親は危険地帯に住む怪物にさらわれていたことが判明。イウォークはトワニー家の両親を救うためにキャラバン隊を結成し、救出に向かう。

【スタッフ】

  • 監督:ジョン・コーティ
  • 脚本:ボブ・キャロウ
  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 製作:ジョージ・ルーカス
  • 音楽:ピーター・バーンスタイン
  • 撮影:ジョン・コーティ

【キャスト】

  • バール・アイヴス:ナレーション
  • エリック・ウォーカー:メイス(兄)
  • ワーウィック・デイヴィス:ウィケット
  • フィオヌラ・フラナガン:カタリーン(DVD版ではキャサリン、テレビ版ではタスリーン)(母)
  • ガイ・ボイド:ジェレミット(父)
  • オーブリー・ミラー:シンデル(テレビ版ではシンディ)(妹)

【作品のポイント】

  • エピソード6に登場するイウォーク一族の話
  • エピソード5と6の間
  • 惑星エンドアにトワニー家の宇宙船が不時着
  • トワニー家は両親と子どもでバラバラに
  • 子どもたちはイウォークに助けられる
  • 両親は危険地帯にいる怪物にさらわれた
  • イウォークたちが結束してトワニー家の両親を救いに行く
  • 途中で別のイウォークが加入
  • 怪物ゴラックスをやっつける
  • トワニー家は無事再会
  • 宇宙船の修理が終わるまでイウォークに世話になる

エンドア/魔空の妖精

【あらすじ】

「イウォーク・アドベンチャー」の6ヶ月後。

魔王テラクと魔女シャラルの一味が突如イウォーク族の村を襲った。

イウォーク族に住まわせてもらっていたトワニー家は、妹のシンデルを残して全員殺されてしまう。

辛うじて逃げ延びたシンデル(オーブリー・ミラー)とウィケット(ワーウィック・デイヴィス)は、森の中で老人ノア(ウィルフォード・ブリムリー)と出会い、事の真実が判明する。

【スタッフ】

  • 監督:ケン・ウィート、ジム・ウィート
  • 脚本:ケン・ウィート、ジム・ウィート
  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
  • 音楽:ピーター・バーンスタイン
  • 撮影:イシドア・マンコフスキー

【キャスト】

  • オーブリー・ミラー:シンデル(劇場公開版ではシンディ)(妹)
  • ワーウィック・デイヴィス:ウィケット
  • ダリル・エンリケス:ウィケットの声
  • ウィルフォード・ブリムリー:ノア

【作品のポイント】

  • イウォーク・アドベンチャーの続き
  • イウォークの村が魔女と魔王に襲われる
  • トワニー家は妹シンデル以外死亡
  • シンデルとウィケットは森に逃げて助かる
  • 森で老人ノアに出会う
  • シンデルの家族の宇宙船のエネルギーを魔王テラクが魔法と勘違いして盗んだ
  • 魔王テラクはエネルギーの使い方がわからいのでシンデルを捕まえようとする
  • 魔女シャラルにシンデルがさらわれる
  • ノアやウィケットたちの活躍でシンデル救出
  • エンドアに平和
  • シンデルとノアは自分たちの星に帰る

イウォーク物語

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」の物語の後、森林に囲まれた衛星エンドアでに住むイウォーク一族。

イウォークの精神的支柱ログレイだが、彼に恨みを抱く悪い魔女モラグが嫌がらせをしてくる。

ウィケット・W・ウォリックとその友人たちが繰り広げる、心温まる冒険活劇。

【スタッフ】

  • 監督:リチャード・マーカンド
  • 製作:ハワード・カザンジャン
  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス、ローレンス・カスダン
  • 撮影:アラン・ヒューム

【キャスト】

  • ジム・ヘンショー→デニー・デルク ( 頓宮恭子(VHS吹き替え版)  永澤菜教(DVD吹き替え版) ):ウィケット
  • エリック・ピーターソン→ジェームズ・クランナ(横沢啓子(VHS吹き替え版) / 喜田あゆ美(DVD吹き替え版)):ティーボ
  • クリー・サマー→ジャンヌ・レイノルズ(富沢美智恵(VHS吹き替え版) / 梅田貴公美(DVD吹き替え版)):ニーサ
  • タボラ・ジョンソン→スー・マーフィー(原語版)( 久川綾(VHS吹き替え版) / 葛谷知花(DVD吹き替え版)):ラタラ
  • ジョージ・バザ→リック・チミノ( 矢田稔(VHS吹き替え版) / 緒方賢一(DVD吹き替え版)):チャーパ村長

【作品のポイント】

  • エピソード6に登場するイウォーク一族の話
  • エピソード5と6の間
  • イウォーク一族の精神的支えはログレイ
  • ログレイに恨みを持つ魔女が嫌がらせをしてくる
  • 若きイウォークたちが災難から村を守る
  • 時々感動の話もある

スターウォーズ/ジェダイの帰還

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」から約1年後、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)を救出しようと動くレイア(キャリー・フィッシャー)たち。

ハン・ソロ救出の成功にひと役買ったルークは、以前に比べてジェダイとして大きく成長していた。

とはいえ、まだジェダイの修行が完遂されたわけではなかった。

ヨーダの教えを乞うべくヨーダの元へ帰還するルーク。

死の淵にいるヨーダから託された最後の試練は、なんと父であるダース・ベイダー(イアン・マクダーミド)を倒すことだった。

\「スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:リチャード・マーカンド
  • 製作:ハワード・カザンジャン
  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス、ローレンス・カスダン
  • 撮影:アラン・ヒューム

【キャスト】

  • マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
  • ハリソン・フォード:ハン・ソロ
  • キャリー・フィッシャー:レイア・オーガナ
  • アンソニー・ダニエルズ:C-3PO
  • ビリー・ディー・ウィリアムズ:ランド・カルリジアン
  • イアン・マクダーミド:ダース・ベイダー

【作品のポイント】

  • ルーク、レイアらが冷凍されたハン・ソロの救出に成功
  • ルークの目の前でヨーダが死亡、最後の試練「父を倒す」を授かる
  • レイアがルークの妹と判明
  • イウォークたちの協力で帝国軍の基地を攻撃
  • 皇帝パルパティーンがルークをダークサイドに誘うもルークが拒否
  • ダース・ベイダーがパルパティーンからルークを救う
  • ダース・ベイダーがジェダイに”帰還”する
  • ダース・ベイダー死亡
  • 反乱軍の勝利
  • 銀河に平和が訪れる

「スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スター・ウォーズ ドロイドの大冒険

【あらすじ】

スターウォーズ旧三部作で人気を博したR2-D2とC-3POが、新しい主人の元、銀河を駆け巡りながらあちこちの惑星で活躍をしていく。

【スタッフ】

原作 ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』、ベン・バート(原案)、レイモンド・ヤフェリチェ(原案)、クライヴ・A・スミス(原案)、ケン・スティーブンソン(原案)

製作:ネルヴァーナ、ルーカスフィルム

【キャスト】

  • アンソニー・ダニエルズ(田中秀幸(VHS吹き替え版)、岩崎ひろし(DVD吹き替え版)):C-3PO
  • R2-D2
  • タボラ・ジョンソン(江森浩子(VHS吹き替え版)、本田貴子(DVD吹き替え版)):ジェシカ・ミード
  • ドン・フランクス(古川登志夫(VHS吹き替え版)、桐本拓哉(DVD吹き替え版)):ジャン・トシュ
  •  レスリー・ドナルドソン(島本須美(VHS吹き替え版)、なし(DVD吹き替え版)):ケイ・モール
  •  ピーター・マクニコル(1 – 3)→ダン・ヘネシー(4)、古谷徹(VHS吹き替え版)、なし(DVD吹き替え版):ジョード・ダサット

【作品のポイント】

  • エピソード4~6の成功を受けて作られた完全スピンオフアニメ
  • R2-D2とC-3POが主人公
  • ガラクタだらけの惑星
  • 新しい主人ジャンとジェシカに出会う
  • あちこちの惑星で大活躍

マンダロリアン

【あらすじ】

「スターウォーズ/ ジェダイの帰還」から5年後、賞金稼ぎの”マンダロリアン”は惑星ネヴァロでとある集団から50歳の獲物を捕獲する依頼を受ける。

獲物はなんと、ヨーダに似た見た目の幼児”ザ・チャイルド”だった。

フォースの力を持つ”ザ・チャイルド”と”マンダロリアン”の奇妙な旅が始まる。

【スタッフ】

  • 原作:ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』
  • 原案:ジョン・ファヴロー
  • 脚本:ジョン・ファヴロー
  • 作曲:ルドウィグ・ゴランソン
  • 撮影監督:グリーグ・フレイザー
  • 製作:ルーカスフィルム

【キャスト】

  • ディン・ジャリン:“マンダロリアン”(マンド―)
  • “ザ・チャイルド”
  • ニック・ノルティ:クイール
  • ジーナ・カラーノ:キャラ・デューン
  • アーマラー:エミリー・スワロー
  • モフ・ギデオン: ジャンカルロ・エスポジート

【作品のポイント】

  • ”マンダロリアン”が賞金稼ぎで自らのアーマーを強化
  • クイールと出会う
  • ”マンダロリアン”が”ザ・チャイルド”と出会う
  • ヨーダと同じ種族の”ザ・チャイルド”をクライアントに引き渡すものの罪悪感で奪還
  • ”ザ・チャイルド”と銀河をめぐる旅に出る
  • 潜伏先でキャラに出会う
  • ”ザ・チャイルド”がフォースを使えることがわかる
  • カルガが裏切るも再度結託
  • 黒幕がギデオンと判明
  • クイール死亡
  • IG-11が自爆して”マンダロリアン”たちを守る
  • ギデオンが黒いライトセーバーを所持
  • 死んだと思われていたボバ・フェットが再登場
  • フロッグ・レディとトラスクへ移動
  • アソーカ・タノ登場

スターウォーズ レジスタンス

【あらすじ】

銀河帝国が滅び、新しい時代が到来。

帝国軍の残党スノーク率いる新勢力ファースト・オーダーが勢いを増す中、それに立ち向かうためにレイアが結成したのがレジスタンス軍だ。

レジスタンスのパイロットポー・ダメロンに誘われてレジスタンス軍に入隊したカズーダ・ジオノは、BB-8と一緒にスパイとしてさまざまな試練を経験していく。

【スタッフ】

  • 監督:デイブ・フィローニ
  • エグゼクティブ・プロデューサー:アシーナ・ポルティーヨ、ジャスティン・リッジ、ブランドン・アウマン
  • アートディレクター:エイミー・ベス・クリステンソン
  • プロダクション:ポリゴン・ピクチュアズ

【キャスト】

  •  Christopher Sean クリストファー・ショーン(吹き替え:木村昴):カズーダ・ジオノ
  •  Josh Brener ジョシュ・ブレナー(吹き替え:花輪英司):ニーク・ヴォゾ
  •  Suzie McGrath スージー・マクグラス(吹き替え:田村睦心):タム・リヴォーラ
  •  Scott Lawrence スコット・ローレンス(吹き替え:竹内良太):ジャレク・イェーガー
  •  Myrna Velasco マーナ・ヴェラスコ(吹き替え:佐藤美由希):トーラ ・ドーザ
  •  Oscar Isaac オスカー・アイザック(吹き替え:小松史法):ポー・ダメロン

【作品のポイント】

  • 将軍となったレイアがレジスタンス軍を結成
  • カズーダの操縦を見てポーにレジスタンスへ誘われる
  • 元元老院の父の態度にうんざりしてこっそりレジスタンスに入隊
  • スカイレースに出場
  • BB-8とコンビを組みファースト・オーダーのスパイ活動をする

スターウォーズ/フォースの覚醒

【あらすじ】

「スターウォーズ エピソード6」から約30年後が舞台。

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が忽然と姿を消し、その間に帝国軍の残党がファースト・オーダーと名前を変え、銀河に脅威をもたらそうとしていた。

危険を感じたレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)将軍により結成されたファースト・オーダーは、ルークの居場所を探していた。

惑星ジャク―では、ルークの居場所の地図を入手するために潜入していたポー・ダメロン(オスカー・アイザック)がファースト・オーダーの襲撃に巻き込まれていた。

また、ひとりのストーム・トルーパーが戦いの場から逃げ出そうとしていた。

一方、惑星ジャク―の別の場所では、廃品回収業者のレイ(デイジー・リドリー)が砂漠を徘徊していたところ、あるドロイドと出会ったことで、彼女はルークとジェダイを巡る戦いに巻き込まれていく。

\「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:J・J・エイブラムス
  • 脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス、マイケル・アーント
  • 原作:『スター・ウォーズ』(ジョージ・ルーカス)
  • 製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ

【キャスト】

  • ハリソン・フォード:ハン・ソロ
  • マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
  • キャリー・フィッシャー:レイア・オーガナ
  • アダム・ドライヴァー:カイロ・レン
  • デイジー・リドリー:レイ
  • ジョン・ボイエガ:フィン
  • オスカー・アイザック:ポー・ダメロン

【作品のポイント】

  • 帝国軍の生き残りがファースト・オーダーを結成
  • レイアはレジスタンスを結成
  • 行方不明のルークを捜索
  • レイとフィンが出会い、ハン・ソロとも出会う
  • カイロ・レン登場
  • レンはレイアとハン・ソロの息子と判明
  • レイがルークのライトセーバーに導かれフォースの力があることがわかる
  • レンが父ハンを殺害
  • レイとルークが対面
  • 平和にはならなかった

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ/最後のジェダイ

【あらすじ】

レイ(デイジー・リドリー)はルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)にライトセーバーを返却するも、戦いから身を引きたいルークは放り投げてしまった。

それでもレイは、ルークに弟子入りを懇願する。

一方のレジスタンスは、カイロ・レン(アダム・ドライヴァー)の攻撃によりレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)が被弾し、宇宙空間に放り出されてしまう。

しかし、レイアは不思議な力を発揮し、再び息を吹き返した。

一方、無茶な戦闘によりレイアによって降格させられたポー・ダメロン(オスカー・アイザック)は、フィン(ジョン・ボイエガ)とレジスタンスの整備士ローズ・ティコ(ケリー・マリー・トラン)にある作戦を持ちかける。

\「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:ライアン・ジョンソン
  • 脚本:ライアン・ジョンソン
  • 原作:『スター・ウォーズ』(ジョージ・ルーカス)
  • 製作:キャスリーン・ケネディ、ラム・バーグマン
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ

【キャスト】

  • マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
  • キャリー・フィッシャー:レイア・オーガナ
  • アダム・ドライヴァー:カイロ・レン
  • デイジー・リドリー:レイ
  • ジョン・ボイエガ:フィン
  • オスカー・アイザック:ポー・ダメロン
  • アンディ・サーキス:最高指導者スノーク
  • ルピタ・ニョンゴ:マズ・カナタ
  • ドーナル・グリーソン:ハックス将軍
  • アンソニー・ダニエルズ:C-3PO
  • グェンドリン・クリスティー:キャプテン・ファズマ
  • ケリー・マリー・トラン:ローズ・ティコ
  • ローラ・ダーン:ホルド提督
  • フランク・オズ:ヨーダ
  • ベニチオ・デル・トロ:DJ

【作品のポイント】

  • レジスタンスとファースト・オーダーの戦いが続く
  • レイがルークに弟子入りを志願
  • レンがルークの弟子と判明
  • レイアが死んだと思ったら何かの力で蘇る
  • レンが師スノークを殺害し、レイと共闘
  • レンはレイを誘い銀河征服を独自に提案するも断られる
  • ピンチのレジスタンス軍の前にルークが現れる
  • レイアとの再会
  • ルークがレンにより死亡
  • レジスタンスがかろうじて勝利するも平和にはならず

「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

【あらすじ】

師スノークを殺害し、パルパティーンの言葉に従いカイロ・レン(アダム・ドライヴァー)はファースト・オーダーの最高指導者になった。

カイロ・レンは、シスのナビゲーションシステムで惑星エクセゴルに向かう。そこでは死んだはずのパルパティーン(イアン・マクダーミド)がいた。

パルパティーンはカイロ・レンにレイの殺害を依頼する見返りに大艦隊「ファイナル・オーダー」を与えると話す。

一方のレイ(デイジー・リドリー)はレイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)の元、ジェダイの修行を行っていた。

別行動のポー・ダメロン(オスカー・アイザック)とフィン(ジョン・ボイエガ)は、パルパティーンが生きているという情報を入手。

レイアの助言の元、3人は惑星パサーナヘ協力者と出会うために飛び立った。

\「スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

【スタッフ】

  • 監督:J・J・エイブラムス
  • 脚本:J・J・エイブラムス、クリス・テリオ
  • 原案:コリン・トレヴォロウ、デレク・コノリー
  • 原作・キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
  • 製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ミッチェル・レジャン

【キャスト】

  • キャリー・フィッシャー(アーカイブ出演):レイア・オーガナ
  • マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
  • アダム・ドライヴァー:カイロ・レン
  • デイジー・リドリー:レイ
  • ジョン・ボイエガ:フィン
  • オスカー・アイザック:ポー・ダメロン
  • アンソニー・ダニエルズ:C-3PO
  • ナオミ・アッキー:ジャナ
  • ドーナル・グリーソン:ハックス将軍
  • リチャード・E・グラント:プライド将軍
  • ルピタ・ニョンゴ:マズ・カナタ
  • ケリー・ラッセル:ゾーリ・ブリス
  • ヨーナス・スオタモ:チューバッカ
  • ケリー・マリー・トラン:ローズ・ティコ
  • イアン・マクダーミド:パルパティーン皇帝
  • ビリー・ディー・ウィリアムズ:ランド・カルリジアン

【作品のポイント】

  • レンがファースト・オーダーの最高指導者に
  • パルパティーンの生存が判明
  • レジスタンス軍の復活
  • レイが自らの出自について悩む
  • レイの祖父がパルパティーンと判明
  • C-3POの記憶が無くなる
  • レンとレイが最後のバトルを繰り広げる
  • レン死亡からの復活
  • レンがライト・サイドに戻ってくる
  • レイとパルパティーンが戦い、パルパティーンを倒す
  • レイが死亡
  • レンがレイを助け、レンが絶命
  • レジスタンス軍が勝利
  • 完全なる平和がやってくる
  • レイが惑星タトゥイーンにあるルークの家を訪れる
  • レイが「スカイウォーカー」を名乗る

「スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」の動画を無料で観る方法を以下で紹介しています。

\「スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」を無料で見る方法を確認する/

わずか3分で無料で見る方法を紹介

スターウォーズ ブリップス(Star Wars Blips)

スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー

【あらすじ】

スターウォーズシリーズの女性キャラクターたちが、作品ナンバリングを越えて活躍する短編アニメーション。

スター・ウォーズ ギャラクシー・オブ・アドベンチャー

【あらすじ】

「スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け」公開前に、コミカルアニメで再現されたスターウォーズシリーズとスターウォーズ初心者似も嬉しい用語解説で、スターウォーズの歴史を簡単に振り返ろう。

スター・ウォーズ ロール・アウト

【スタッフ】

  • 原作者・脚本家・監督:糸柳英郎
  • 製作総指揮:ジェームズ・ワウ

【あらすじ】

日本発祥のスターウォーズアニメシリーズが始まる。

スターウォーズ新三部作で活躍する人気キャラクターたちが可愛くデフォルメされ、スターウォーズの世界を大冒険。

可愛くなったキャラクターと一緒に、本編では語られない冒険へでかけよう。

【作品のポイント】

  • レイ、フィン、マズ、チューバッカ、BB-8、ポーグなどが可愛くデフォルメ
  • 本編とは別のショートアニメが展開
  • キャラクターごとにそれぞれが別の冒険をする
  • カイロ・レンことベン・ソロの幼少期の話がある

まとめ

「スターウォーズ」シリーズには、たくさんの歴史やキャラクター、世界観を深堀した作品が数多く制作され、今後も制作が続けられていきます。

初めて観る人は、スターウォーズの世界観への理解や知識を深めやすい本編9作品を公開順から観ることで、公開当時のわくわく感を共有できます。

また、スターウォーズを復習したい人やさらに理解を深めたい場合は、スピンオフ映画やアニメ作品を含めた時系列順で観ていくと、時間の流れや全体が掴みやすくなります。

あなたは公開順と時系列順、どちらがお好みでしょうか?

「スターウォーズ」作品に触れていきながら自分にぴったりの順番を発見していきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です